Contents










  English


  Corporate Data (As of April 1, 2017)

  Message from President and CEO







このサイトにはPDFファイルが含まれます。
PDFファイルの閲覧にはAdobeR ReaderRが必要です。
同ソフトがインストールされていない場合には、
上記バナーをクリックし、Adobe社のサイトから
AdobeR ReaderRをダウンロード(無償)してください。








IoTとAIを活用した効率的予防保全型マンホールポンプ維持管理技術の実証事業


国土交通省が2020年度に実施する下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)において、
   当社が株式会社クボタ、河内長野市、今治市、赤磐市と共同提案していた事業が採択されました。
   本実証事業にて提案した技術は、新たな計測機器等の設置を必要とせず、既存の取得データの有効活用によって
   異常運転検知を実現し、導入コストとランニングコストを抑える革新的な技術です。
   当社はこれまで培ってきた技術力やノウハウを最大限に活かし、本実証事業である新技術の実用化に向け、
   さらには快適な都市生活の確保を目指し技術の開発・実用化を推進していきます。



  事業実施者:クリアウォーターOSAKA、クボタ
        河内長野市、今治市、赤磐市、共同研究体

  実証フィールド:大阪府河内長野市、愛媛県今治市、岡山県赤磐市
          マンホールポンプ約200機場(3都市合計)

  実証概要:・異常運転検知機能(AI技術)を用いた、施設への緊急出動回数
        及び異常運転時間の削減による維持管理の効率化・低コスト化

       ・更新優先順位自動作成機能(IoT技術)による故障リスクの
        可視化及び更新優先順位の共有化


2020(令和2)年度B-DASHプロジェクトの採択については国土交通省の下記ホームページをご参照ください。
     https://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo13_hh_000448.html
     「B-DASHプロジェクトとは」:
     https://www.mlit.go.jp/mizukokudo/sewerage/mizukokudo_sewerage_tk_000450.html