クリアウォーターOSAKA株式会社

大阪市100%出資:下水道の未来を支える企業

国際ビジネス

海外調査

  • 現在、東南アジアなどの新興国においては、急激な経済成長に伴いインフラが不足し、水・環境問題が顕在化しており、その課題解決に向けて日本などからの技術貢献が求められています。
  • クリアウォーターOSAKA(株)では、浸水対策や管渠の資産管理のほか、水処理と工場排水規制の両面からアプローチできる水環境改善、汚泥の有効利用など、保有する下水道にかかるトータルな技術ノウハウを活かした新たな挑戦として、他社(コンサルタント・メーカー)や大阪市などと連携しながら積極的に海外事業調査を実施し、現地への積極的な提案も行っています。
◇クリアウォーターOSAKA(株)が保有するトータルな下水道技術ノウハウ

◇クリアウォーターOSAKA(株)の海外重点活動地域
◎現在、経済成長が著しい東南アジアASEAN地域のうち、ベトナム国ホーチミン市とミャンマー国ヤンゴン市において重点的に調査活動を行っており、現地下水道担当部局との連携強化を図っています。  

ベトナム国ホーチミン市での取組み

  • ベトナム国ホーチミン市は、人口約780万人のベトナム最大の商業都市です。 サイゴン川流域の平地に市街地が拡がっており、浸水対策や水環境改善が急務の課題となっています。
  • 平成23年度に浸水対策分野の調査に参画して以降、ホーチミン市での調査活動を継続的に進めています。
◇ベトナム国・ホーチミン市

●ベトナム国における本邦下水汚泥処理技術普及方策検討業務((株)日水コンと連携)
・平成25年度に、国土交通省の調査事業の採択を受け、下水処理場の増加に伴って発生汚泥量の増大が見込まれるホーチミン市を対象として現地調査を行い、現地ニーズの把握や本邦下水汚泥処理技術の適用可能性などについて調査検討を行いました。
  1. 現地の状況、ニーズ等の確認
  2. ベトナムに導入が見込まれる本邦下水汚泥処理技術の調査
  3. 本邦下水汚泥処理技術の導入可能性検討
  4. 本邦下水汚泥処理技術普及方策の検討
ホーチミン市下水処理場管理者 ホーチミン市内下水処理場
ホーチミン市廃棄物・下水汚泥 (SCFC)からのヒアリング
汚泥コンポスト処理埋立処分場
●非開削下水道管路更生工法に関する国際展開促進検討業務((株)日水コンと連携)
  • 平成27年度に、国土交通省の調査事業の採択を受け、非開削下水道管路更生工法の普及候補地を検討し、老朽化管更新の必要性が増加すると普及が見込まれる国・地域の現状とニーズを確認し、現地に適用可能な工法を整理したうえで、今後の本邦下水道技術の普及方策の検討を行いました。
  1. 非開削下水道管路更生工法の普及候補地の検討
  2. 現地状況、現地ニーズ等の確認
  3. 現地に適用可能な非開削下水道管路更生工法の検討
  4. 非開削下水道管路更生工法の普及方策の検討
●非開削下水道管路更生工法普及促進事業(積水化学工業(株)と連携)
  • 平成27年度に、JICAから民間技術普及促進事業に係る業務委託を受託し、ホーチミン市にて本邦下水道管路更新技術のモデル施工を実施することにより、本邦技術の有用性について、ホーチミン市関係者の認知度を向上させつつ、将来の技術基準・積算基準の策定に向けた検討を行いました。
  1. モデル施工に向けた事前準備
  2. モデル施工の実施
  3. 技術セミナーの開催
下水管渠内部の様子
モデル施工の状況
技術セミナー
 

ミャンマー国ヤンゴン市での取組み

  • ミャンマーは、軍事政権の下でインフラ整備が遅れていましたが、民政化への移行により、海外投資環境が整ってきています。
  • 豊富な資源と6400万人の人口を抱える潜在的な成長力が期待され、今後は、水をはじめ社会インフラ開発の急速な進展が見込まれています。
◇ミャンマー国・ヤンゴン市

●ミャンマー国下水道整備計画策定業務((株)日水コンと連携)
  • 平成24年度に、国土交通省の調査業務の採択を受け、ミャンマーのヤンゴン市で下水道に関する調査を行いました。
  • ヤンゴン市における雨水排水及び、下水道施設の現状、今後の施設整備や維持管理等に係る課題を調査し、解決策の検討を行いました。
ヤンゴン市都市開発委員会ヤンゴン市内下水処理場
現地雨水排水路の状況(YCDC)からのヒアリング
(ヤンゴン市で1ヶ所のみ)(雑排水が直接川に放流されている)
 

ホーチミン市における都市排水管理技術向上プロジェクト(JICA草の根技術協力事業)

  • 平成25年度から平成27年度にかけてから大阪市建設局と連携し、国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業(地域提案型)として「ホーチミン市における都市排水管理技術向上プロジェクト」を実施しました。
  • JICAの草の根技術協力事業(地域提案型)は、日本の各地の地域がもつ知識や経験を活かした事業を実施することにより、開発途上地域の経済及び社会の発展に貢献することを目的としており、開発途上国から日本の地域社会への人材の受け入れや、現地における技術指導を組み合わせた協力を行う事業です。
  • 「ホーチミン市における都市排水管理技術向上プロジェクト」では、排水管渠の老朽化の課題に直面しているホーチミン市下水道管理者、公社を対象に、平成27年度までの事業スケジュールで、点検、清掃、修繕等の下水道管渠等の維持管理、作業時の安全管理等に関するきめ細やかなノウハウについて技術協力を行いました。
本プロジェクトの目的
  1. 都市排水管理技術の向上
  2. 維持管理作業時の安全管理技術の向上
  3. 住民の都市排水施設の保全に対する理解の向上 ⇒下水管渠の適切かつ効率的な保全管理を図り、市民生活の安全性や快適性の向上に繋げる。
本プロジェクトの体制
  • 官民連携チームを編成

本プロジェクトの経過
・第1回現地活動(専門家派遣)(2013年 7月22日~7月25日)
・第2回現地活動(専門家派遣)(2013年10月15日~10月18日)
・第3回現地活動(専門家派遣)(2014年 2月17日~2月21日)
・第1回本邦研修(研修員受入)(2014年 5月25日~6月 4日)
・第4回現地活動(専門家派遣)(2014年10月12日~10月17日)
・第5回現地活動(専門家派遣)(2015年 1月11日~1月17日)
・第2回本邦研修(研修員受入)(2015年 3月 2日~3月 7日)
・第6回現地活動(専門家派遣)(2015年 8月 2日~8月 7日)
・第7回現地活動(専門家派遣)(2015年11月 1日~11月 7日)
・第8回現地活動(専門家派遣)(2016年 1月18日~1月23日)
・第9回現地活動(専門家派遣)(2016年 3月 2日~3月 3日)
現地活動(専門家派遣)の実施状況
本邦研修(研修員受入)の実施状況
 

ヤンゴン市下水道管渠維持管理・修復能力改善事業(JICA草の根技術協力事業)

・平成26年度から平成28年度にかけて積水化学工業・大阪市建設局と連携し、国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業(地域経済活性化特別枠)として「ヤンゴン市下水道管渠維持管理・修復能力改善事業」を実施しました。 ・大阪市とヤンゴン市との間では、平成26年9月25日に都市インフラ分野での技術協力に係る覚書が締結されています。
・「ヤンゴン市下水道管渠維持管理・修復能力改善事業」では、ヤンゴン市の下水道施設を管理するヤンゴン市都市開発委員会(YCDC)を対象に、平成28年度までの事業スケジュールで、清掃、点検、修繕等の下水道管渠等の維持管理や下水道管渠の情報管理に関するノウハウについて技術協力を行いました。
本プロジェクトの目的
  1. 下水道管渠の維持管理技術の向上
  2. 維持管理に係る計画立案能力の向上
  3. 下水道管渠施設情報の可視化 ⇒下水管渠の適切かつ効率的な保全管理を図り、市民生活の安全性や快適性の向上に繋げる。
本プロジェクトの体制
  • 官民連携チームを編成

本プロジェクトの経過
・第1回現地活動(専門家派遣)(2015年 1月25日~1月31日)
・第1回本邦研修(研修員受入)(2015年 6月21日~6月28日)
・第2回現地活動(専門家派遣)(2015年11月22日~11月28日)
・第3回現地活動(専門家派遣)(2016年 2月14日~2月20日)
・第4回現地活動(専門家派遣)(2016年11月27日~12月 5日)
現地活動(専門家派遣)の実施状況
※ 平成29年4月1日付、一般財団法人都市技術センターが行っていた上記の海外展開事業は、クリアウォーターOSAKA(株)に事業譲渡されました。
Return Top